学資保険 必要

教育費などの子ども貯金をしっかり貯めるためのポイント

  このエントリーをはてなブックマークに追加


将来の子どものためにしっかり貯金するために、大切な3つのポイントをご紹介します。

具体的に「何歳までにいくら貯めるか」を決めましょう

子ども貯金を始める前に、夫婦で「目標金額」「貯蓄期間」「使用目的」をしっかりと話し合っておく必要があります。

なぜかというと、これは自分たちのライフプランにも関わってくる話でもあるからです。

毎月の貯蓄額や目標貯蓄額はそれで適正なのか、無理な貯蓄生活になっていないかなど、多面的にチェックしましょう。

子どもが生まれたら家計を見直しましょう

出産前後は非常にバタバタしますし、予定外のな出費も多いので、貯金のことはつい後回しにしがちになります。

節目を見つけて家計の見直しをしっかりすることをおすすめします。

「子ども手当」は子どものために使いましょう

「子ども手当」は生活費に組み込むことはせずに、子どものために使いましょう。

家計とは別にして、必要なことに使うなど、しっかりルールを決めておくことが大切です。

※子ども手当は、2011年度上半期は、受給者ごとに一律13,000円が支給されますが、2011年度下半期以降は、以前の児童手当を修正した上で支給を継続することが決まっています。


>> 教育費を楽に貯蓄する方法「固定費の見直し」


  このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ