学資保険 必要

年収300万円でもできる!教育費の貯蓄に一番効果的な方法は固定費の見直し

  このエントリーをはてなブックマークに追加


子供の教育費については、必要貯蓄額や、預け先をどうするか…などの問題や悩みが尽きませんでした。


>> 子どもの教育費300万円貯める方法についてもっと詳しく


必要な貯蓄額は、これは家庭の状況によって違います。

教育資金といえば、まず学資保険を思い浮かべますが、場合によっては元本割れのリスクもありますし、学資保険だけで万全というわけでもありません。
銀行預金は、やはり金利が低いのが気になります。


子供の教育費を、無理なく、不安なく、しっかりと貯蓄したい!

結局、そんな都合のいい貯蓄方法は滅多にないわけです。


しかし、そんな中、教育費の貯蓄に一番効果がある方法と言われているのが、
スバリ「固定費の見直し」です。

具体的には、生命保険や住宅ローンの見直しです。

家計の中で、食費や交際費などの変動費を削って、その資金を教育費の当てにしようとしても、実際は金額が少なすぎて、あまり効果がありません。

楽に貯蓄していくには、固定費の見直しをやって、ある程度まとまった金額を捻出することが大事です。

見直しは面倒ですが、一度やってしまえば、毎月の保険料が安くなるので、その効果はずっと続きます。

何がすばらしいかといえば、変動費をいじらないので、
いまの生活レベルを落とすことなく、資金を捻出できることです。

今後、収入の増加が見込めない状態でも、今の固定費を見直す方法ならば、誰しも可能な方法です。


一番無駄があるのが、「勧められるがまま入ってしまった生命保険」です。

保険会社の人に、言われるがまま手厚すぎる保障内容にしてしまったという人も多いと思います。

今まで見直したことがない人は、その可能性が大です。

保障内容すら把握していない人も多いはず。

そういう人は、見直しをして適切な保障内容にすると、毎月の保険料がグッと安くなると思います。

保険証券を見ても、さっぱりという人も多いと思いますので、プロに相談しましょう。

自分で見直すよりも、プロからアドバイスをもらったほうが安心です。

教育費の貯蓄についても、それぞれの家庭の家計にあった方法をアドバイスしてくれますよ。

保険や住宅ローンの見直しで、いまの生活水準を大きく変えずに教育費の貯蓄をしてみませんか?

何より保障に無駄がなくなるので、安心をキープしつつ、とてもスッキリします。

いまは無料で相談にのってくれるところも多いですから、まずは相談してみてはどうですか?

年収が300万円でも、子どもをしっかり大学に行かせてあげましょう。

保険見直し相談 人気ランキング ベスト3

当サイトおすすめの保険見直し相談サイトを紹介します。

相談はどのサービスも無料です。

早めに見直しをして、子どもの貯金という大きな心配事をなくしましょう。

おすすめのサービス 評価 詳細
学資保険訴求バナー ★★★★★

【保険マンモス】

生命保険・医療保険の加入や見直しなど、プロのファイナンシャルプランナーによる全国無料の保険相談サービスです。必要保障額を確保した上で、「保険料を3割~4割安くする」ことをモットーとしています。家計を節約して、年収300万円でも子どもを大学へ!


詳細・お申込みはこちら >>

生命保険 相談 ★★★★☆

【みんなの生命保険アドバイザー】


特定の保険会社に属さない独立系ファイナンシャルプランナーによる生命保険の比較や加入・見直しの無料相談サービスです。「毎月の保険料を保証内容を変えずに安くしたい」などのニーズに、複数の商品の中から、最適なプランを提案してもらうことが可能です。相談後のしつこい勧誘や売り込みなどは、一切ありません。


詳細・お申込みはこちら >>

保険GATE ★★★☆☆

【保険GATE】

保険会社の営業担当ではなく、どこにも所属しない保険のプロが相談にのってくれます。
保険GATEでは、ほんとうに必要だと判断した保険しか勧めません。
無理に加入する必要はなく、もちろん契約しなくても大丈夫です。
満足度94%の無料相談です。


詳細・お申込みはこちら >>


  このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ