学資保険 必要

子ども貯金を貯める方法(2)

  このエントリーをはてなブックマークに追加


子ども貯金を貯めるための方法をご紹介します。

給料から天引き積立、銀行で自動積立

お金が貯まる仕組みとしては最適なもののひとつに、「天引き積立」「財形貯蓄」があります。

お給料から勝手に天引きされるので、浪費家の方にはオススメの方法です。

また、子どもの名義で口座を用意すれば手をつけづらくなります。

毎月、お給料から天引きしてコツコツと積み立てる方法は、子どもが小さい時ほど効果大です。

「子ども積立」という商品を銀行で用意している場合がありますので、チェックしてみましょう。

ついでに子ども手当もその口座に振り替えておくことをオススメします。

「積立」の場合、ママの仕事復帰など家計の状況によって積立額を臨機応変に増減できるのが強みです。

さらに家計のやりくりでプラスになった分や、ボーナス分などをダブルで貯金すれば、かなり効率的に貯金できます。

地域の助成金を活用

地域の情報をチェックしてみると、補助金助成金をゲットできることがあります。

紙おむつの補助金や、チャイルドシートの助成金など、探してみるとお得なものがいろいろありますので、このような行政サービスは上手に活用しましょう。

子ども保険に入る

子どもの貯金は、「子ども保険がメイン」という家庭も多いようです。

特に教育資金の準備が目的なら「学資保険」などの子ども保険がいいかもしれませんね。

ただし、貯蓄性が高く、元本割れしない、お得な保険を選びましょう。

子ども手当なども活用し、大学入学などに備えてしっかり貯蓄しましょう。


>> 教育費を楽に貯蓄する方法「固定費の見直し」


  このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ