学資保険 必要

子供の教育費の貯め方

子ども貯金をしっかり貯めるためのポイント

将来の子どもの貯金をしっかり貯めるためには、具体的な貯金額、準備期間、目的を話し合うこと、家計を見直すこと、子ども手当(児童手当)の使い道を決めておくこと、といったポイントがあります。

子ども貯金を貯める方法(1)

子ども貯金を貯める方法をご紹介します。お祝い金の貯金、硬貨の少額貯金、おもちゃの賢い買い方など。

子ども貯金を貯める方法(2)

子ども貯金を貯める方法をご紹介します。自動積立、財形貯蓄、子ども積立、助成金、こども保険、学資保険など。

学資保険は必要ない?賢いママはやっている加入の前にやっておくべきこと

学資保険といったこども保険は、“とりあえず”加入してはいけません。ひょっとしたら、あなたに必要なのは学資保険ではない可能性もあります。

学資保険ではなく生命保険見直しで教育資金を貯蓄することにした体験談

学資保険だけが教育資金貯蓄の方法ではありません。我が家は生命保険の見直しを行なうことで、教育資金を貯蓄することになりました。ファイナンシャル・プランナーさんに相談してよかった!

2人目どうする?ネックはお金

2人目の子供のことを考えたとき、やっぱりお金に対する不安も生じてしまいます。住宅ローンや生命保険などの固定費の無駄を省いて子育て費用を捻出しましょう。

教育費の貯蓄に一番効果的な方法は固定費の見直し

教育費の貯蓄に一番効果がある方法と言われているのが、固定費の見直しです。見直しは面倒ですが、一度やってしまえば、その効果はずっと続きます。生命保険や住宅ローンなどを見直して、余ったお金で楽に教育費を貯蓄しましょう。

このページの先頭へ