学資保険 必要

子ども貯金はいくら?目標貯蓄額と目的

  このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもをもつ親としては、習い事、教育資金、結婚など、将来起こりえるイベントに対してしっかり貯金をして備えておきたいものですよね。

しかし、子どもの貯金にいくら必要なのか、毎月どれくらい貯金すればいいのか、家計からさらに支出を増やせるのか、など子どもの貯金については悩みは尽きません。


>> いくら必要?子どもの貯金の悩みを保険で解決する方法


子ども貯金の目的ランキングはこのようになっています。

  • 1位 教育資金のため
  • 2位 将来の結婚資金のため
  • 3位 おけいこや習い事のため
  • 4位 結婚以外の招待のため

結果は、やはり「教育資金のため」が1位でした。

日本政策金融公庫によれば、高校入学から大学卒業までにかかる費用は子ども1人当たり約1,024万円とのことです。

少子化の影響もあり、将来子どもが大学進学する可能性はかなり高いといえます。

もちろん国立か私立、文系か理系など諸条件によって金額は変わりますが、大学入学までには、最低でも300万円程度用意しておくと安心といわれています。

そこで、「子ども貯金の目標貯蓄額はどのくらいにしたらいいか?」「子どもが18歳になるまでに、いくら貯金しておけばいいの?」「子どもの貯金は毎月どれぐらい必要なのか?」など、不安がでてくることでしょう。

調査によると、多くの家庭で、子ども貯金の目標貯蓄額としている金額は300万円だそうです。

ちなみに目標額ランキングはこのようになっています。

  • 1位 300万円
  • 2位 200万円
  • 3位 500万円
  • 4位 100万円
  • 5位 400万円
  • 6位 1,000万円

ランキングをみると、200~300万円を目標としている家庭が多いようです。

もちろん貯蓄額は多い方が安心だとは思いますが、積立金額のこともありますから、無理のない金額を設定するようにしましょう。

年収が低くても、子ども貯金はできます。

我が子の将来のために、今から備えておきましょう。

子どもの貯金の相場は上記のような状況ですが、各家庭によって、その数字はもちろん変化します。

事前にライフプランをしっかり立てて、いつ、どれぐらいのお金が必要なのかということを把握しておくことはとても大事です。

そして、子どもの教育資金のように、将来必ず必要になるものは、貯金でなく、「保険」で貯蓄すべきです。

しかし、自力でなんとかしようというのはとても難しいというのが現状です。

お金と保険のプロであるファイナンシャル・プランナーをあなたの味方につけましょう。

子どもの貯金にいくら必要なのか、必ず答えが出て、お金に関する不安がなくなるはずです。


>> 子どもの貯金や学資保険などでお悩みの方はこちら


  このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ