子どもの教育費の貯め方のコツ

子供ができたら貯金はしていますか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもの誕生はとてもうれしいことですが、やはり気になるのが、子どもにかかる「お金」のこと。

待ち望んでいた赤ちゃんが生まれると、うれしいと同時に将来の不安も出てくるのが正直なところでしょう。

やはり親としては、子どもに苦労をかけさせたくありません。

教育資金や習い事、結婚など、将来おこりえるイベントに対して、しっかり備えておきたいものですよね。


「ひよこクラブ」のアンケート調査によると、
「子供のために貯金をしている」と答えた家庭は、全体の80%以上
という結果が出ています。


また、子どものために貯金をしているという家庭は、どんな理由で貯蓄しているのでしょうか?

主な理由は次のとおりです。

  • 早く貯金を始めておけば、毎月の貯蓄額の負担が少なくて済むから。
  • お金を早く貯めて、自分達の老後の資金を貯金したいから。
  • 教育資金を十分に準備してあげたいから。

しかし、赤ちゃんが生まれたばかりという家庭では、少し落ち着いてから貯金したいと考えている方も多いようです。

そうは言いながら、教育資金は、学資保険などで早い段階からしっかりと計画的に準備しておきたいものです。

「まだ子ども貯金をしていない」と答えた家庭は、ついつい後回しにしてしまったり、育児休業中で収入が少なくて貯金できない、というような事情があるようです。

このサイトでは、これから子ども貯金を始めようとしている方へ、子ども貯金データや子ども貯金の貯め方、年収300万円でも教育費を楽に貯蓄する方法など、事例を交えながらいろんな方法を紹介しています。

子どものための貯蓄を考えている方はぜひ参考になさってください。


>> 学資保険ではなく生命保険見直しで教育資金を貯蓄することにした体験談

子供の教育費貯蓄方法 メインコンテンツ

  • 子ども貯金データ

    子ども貯金の開始時期、定期、学資保険などの貯蓄方法、目標額、積立額、使い道など、気になる子ども貯金のデータを集めました。

  • 子ども貯金の貯め方

    子ども貯金を貯める心構え、お祝い金、地域の助成金、少額貯金、天引き、自動積立、こども保険など、子ども貯金の貯め方の特集です。

  • 楽しく節約して子ども貯金

    お出かけ、お祝い事、電気代・水道代、お買い物の節約など、子ども貯金をするためのいろいろな節約について紹介しています。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ